Event is FINISHED

【あと僅か!】第14回アフリカビジネスラボ 「セネガルで日本人初となる日本食堂オープンまでの軌跡の話」

Description
**☆*****★*****☆*****★****☆*****★*****☆*****★**
第14回アフリカビジネスラボ
セネガルで日本人初となる日本食堂オープンまでの軌跡の話
**★*****☆*****★*****☆****★*****☆*****★*****☆**

人類発祥地、アフリカ大陸。
アフリカはラストフロンティアとも呼ばれ、今世界中から注目を浴びる巨大市場です。

現在、総人口は約11億人。
その市場規模は200兆円とも言われています。
しかし、そんな可能性に満ちた場所で活動する日本人はまだ多くはありません。

日本からはまだ心理的にも物理的にも遠いアフリカ。
アフリカと日本をもっと近くしたいという想いから、アフリカビジネスラボを2016年より毎月開催しています。現地で活躍するゲストを招いて、アフリカについて語り合いましょう!

第14回目のゲストはアフリカ西部のセネガル共和国で、家族と暮らしながら日本食堂を立ち上げたセネガル日本食堂「和心」代表の原田翔太さんです。

原田さんはアフリカを旅した後、1年間滞在したセネガルで日本食のニーズを感じ、首都ダカールで日本食堂をオープンすることを決意しました。セネガルにも日本食レストランはありますが、どこも日本人ではない人たちが運営しており、しかも値段が高く地元の人が食べることが難しい現状がありました。

原田さんは、セネガル人にもリーズナブルな価格で日本食を食べて欲しいと想い、2015年より日本食堂の開業に向け準備をスタート!しかし、開業資格の取得が困難を極め、プレオープンをするまでかかった時間はなんと1年10か月!

オープンまでの期間、原田さんは奥さんとお子さんの3人でセネガルで暮らしながら、粛々とオープン準備を進めてきました。それまでお弁当販売やゲストハウスの運営など様々なビジネスを実施してきました。そして2017年4月、グランドオープンの日を迎えました。


この2年半、一度も日本に帰ることなくセネガルで事業創出に取り組み続けた原田さんだからこそ分かるリアルな部分をざっくばらんにお話いただきます。

・なぜアフリカの中でセネガルにたどり着いたのか?
・2年間もかかった食堂開業までの厳しかった道のりとは?
・セネガルでのビジネスの難しさや醍醐味とは?

アフリカを全然知らない方も大歓迎です!
会場は世界中の仲間が集うラグジュアリーなシェアハウス「Ryozan Park 巣鴨」です。

・アフリカに興味がある人
・アフリカビジネスに興味がある人
・スタートアップに興味がある人
・とにかくアフリカの話がしたい人
・アフリカ関連のネットワークを広げたい人

・海外ボランティアに行ってみたい!
・新しい価値観や刺激に出逢いたい!
・とにかく楽しいことが好きな方!!!!!

ここまで告知文を読んだあなた!
多くの方のご参加をお待ちしております。

定員35名ですので、ピンと来たらお早めにご予約下さい。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆1.概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【日時】2017年8月10日(木)19:15~21:30
【場所】Ryozan Park 巣鴨(東京都豊島区巣鴨1-9-1)
【アクセス】JR山の手線「巣鴨駅」徒歩2分
【定員】35名
【料金】2,500円(ケータリング料理+アルコール含む各種ドリンク)

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆2.イベント内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第14回アフリカビジネスラボ
セネガルで日本人初となる日本食堂オープンまでの軌跡の話

【スケジュール】
19:15 参加者受付(ドリンクスタート)
19:30~19:40 イベントの趣旨説明
19:40~19:50 参加者一言自己紹介
19:50~20:20 ゲストによる活動紹介
20:20~20:40 質疑応答
20:40~21:30 フードとドリンクで懇親会!

◆ ゲストスピーカー:原田翔太氏
セネガル日本食堂「和心」・日本人宿「和心」代表。1987年千葉県出身。落第をギリギリ免れてなんとか高校卒業後、18歳の時に単身インドに放浪の旅へ。その後も海外を転々としている途中、なぜかセネガルで起業を決意。でも言葉も出来ない、何もできないと思った中、集まった仲間がレストランなら可能性があると開業することに。
2017年4月日本食堂「和心」グランドオープン。(日本人宿「和心」は2015年11月開業。)2017年10月にインターン生主体の2店舗目を開業予定。現在は妻を含めた日本人スタッフ2名とインターン生2名、セネガル人スタッフ6名で営業しています。一児の父。

◆ モデレーター:横山裕司
Africa Quest.com編集長。野村證券退社後、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行いながら、赴任中にケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立し、約2年にわたり運営を行う。現在は、アフリカ専門のポータルメディア「Africa Quest.com」の運営や中小企業のアフリカ進出サポートなどアフリカをテーマに幅広く活動している。

◆ モデレーター:岸卓巨
大学時代に南太平洋のバヌアツ共和国で村人を対象としたサッカー審判講習会を開催。「経済の豊かさ」と「心の豊かさ」の違いについて気づき、開発途上国での活動に興味を持ち始める。2011年からは青年海外協力隊としてケニアに赴任。児童保護拘置所でさまざまな境遇の子どもたちに対して、スポーツや基礎学習のプログラムを提供しながら、サッカークラブを設立。スポーツを通した社会課題の解決やコミュニティー形成に取り組む。現在は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたスポーツを通した国際貢献事業「Sport for Tomorrow」のプロジェクトマネージャーとして活動する傍ら、NPO法人サロン2002事務局長としてもさまざまなイベントの企画・運営を行っている。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆3.主催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
主催:アフリカビジネスラボ実行委員会
後援: アフリカに挑戦する日本人の為のニュースメディア Africa Quest.com
※本告知文は、シェア・転送大歓迎です!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【注意事項】
・政治団体、宗教、ネットワークビジネス等の勧誘は禁止です。 会場にて見受けられた場合は、退出をお願いします。
Updates
  • タイトル は 【あと僅か!】第14回アフリカビジネスラボ 「セネガルで日本人初となる日本食堂オープンまでの軌跡の話」 に変更されました。 Orig#268076 2017-08-09 01:24:39
Thu Aug 10, 2017
7:10 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Ryozan Park 巣鴨
Tickets
食事&ドリンク付チケット SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
東京都豊島区巣鴨1-9-1 Japan
Directions
JR山の手線「巣鴨駅」徒歩2分
Organizer
アフリカビジネスラボ
1,135 Followers